フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

EURO ドイツ-スペイン(前半メモ)

ドイツは、ケガしてたらしいバラックが先発。準決勝のできの悪さはケガのせいか?
スペインは、ビジャがケガで、フェルナンドとーレスのワントップ。セスクが先発ですね。

スペイン、セルヒオラモスのミスからクローゼに、決定的になりそうになったが事なきを得る。
スペインはボールは持っているが、横で回すことが多い。
ドイツ、ラームとシュバインシュタイガーで、左サイドから崩しにかかる。
10分までに、数回。バラックもここに絡んでくる。
スペインはDFの前でボールが取れない。
ドイツペースで試合は進む。スペインは前線の5人にボールが入っても前を向けない。

初めて勝負に出た13分。シャビ→イニエスタへすばらしいスルー→なかに入れたところDFのはじいたボールをレーマンがクリア。
ここから変わるか。スペイン。徐々にフェルナンドトーレスが勝負できる形が出てきた。
この当たりからスペインペースか。
23分。右サイドからのクロスをフェルナンドトーレスのヘッド。高いね。ポストが助けてくれた。

33分。フェルナンドトーレスGET
DFの狭い間を通していっきに突破。DFもかわしてGKが間に合うと思ったが、一歩早かった。すばらしい。はえぇ。うめぇ。

スペインが形を作ってきた。DFの前、カバーの動きが見えてきた。
逆にドイツはサイドから突破でなんとか、という状況。

前半終了。
気がつけばスペインペース。
後半はどうなるかと。
スポンサーサイト

テーマ:EURO2008 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/972-abdc897f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad