フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

書評:「言語技術」が日本のサッカーを変える

よくあるビジネス書で、プレゼンテーションの仕方とかにも通じる話。
結論言えや、その後説明しな。
サッカーでもコミュニケーションは大事よ。
主語述語などちゃんといいな。5W1Hよ。
基本だ。

ちょっと同じことが繰り返しかかれているところで辟易したが、書いている内容自体はよくわかるし仕事にも役に立つ。
子供たちには、普段から
「お茶」
「お茶がどーした?きらいなのか?」
と会話している我が家であったが、その対応はまあ間違っていなかったようだ。

監督にディベートやらせてるんだ、なるほどね。

「言語技術」が日本のサッカーを変える (光文社新書)「言語技術」が日本のサッカーを変える (光文社新書)
(2007/11/16)
田嶋 幸三

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/798-fa950739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad