フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

クラブワールドカップ 浦和-ミラン

いい試合だったのだろか
前半最初に日本のシュートをあびせた浦和
その後はミランペースに。前の試合のMVP相馬は押し上げることができない。
中盤のボールはことごとく拾われ、キープ力に格段の差があり、高い位置で奪えずに、ネネやトゥーリオのところで抑える状態が続く。
カウンターを仕掛けようにもワシントンに収まらないし。
ミランのほうも、”すっげーつえぇ”という感じはない。なんだろうね

後半開始、ミランが左から攻めに。カカ、左に入ったか。
ちょっと膠着した状態から、浦和がDFから右サイドの永井にスルー。センタリングをあげるもDFがクリア。いい感じがでてきた。この直後にワシントンにボールが収まって反転して右サイドへのシュート!ジダがキャッチしますか。
このあたりから点が入りそうな雰囲気が漂い始めていたところ、カカが左サイドで坪井をぶっちぎってセンタリングからセードルフが決めて1-0

この後あたりからミランが無理しないようなプレー。回し始める。うまいね。

結局1-0のまま終了。
いい試合だったのかもしれないけど、なんというか、点差以上に差を感じた試合だった。
なんか、かなわねーって感じ。
数度あった得点機で決まっていればなぁ。

左サイド、梅崎がはいるのかなぁぁ。ってな想像もしていた今日この頃

スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/715-b26ad0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad