フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

J1第31節 大宮-大分

勝ち点32の大分と30の大宮の残留争い直接対決、
NACK5スタジアムの柿落とし、と注目のネタ満載の試合でした

開始早々大宮に先制されます。大宮ゴール前のFK。大分DFに当たって
跳ね返った小林慶に蹴りこまれます。コースもよかった。
西川(久しぶり)の責任ではない。なぜついていない?

大分は失点したが落ち着いている雰囲気でした。
右サイドでは細かいパスをつないでバイタルエリアでキープ。シュートを数度放ちます。
右からの攻めが多かった印象です。
左サイドからは早めに入れる印象。
大分の同点ゴールはその左サイドから。
梅崎のFKが相手DF?→左ポストに跳ね返り→深谷が蹴りこんで同点。
よくつめていました。ここという試合、場面で点を取ってくれる気合を出してくれる。

前半は大分ペース。その後もシュートまでは行きますが枠に飛ぶシーンがありませんでした。

後半も序盤は大分ペースで始まります。大宮ゴールに迫りますが今度はシュートがGKのセーブに合います。
おちつかねぇぇ。
大宮がTV解説の渡辺一平さんによると4-1-4-1に変更。これによってボランチの外人2人のパスが不正確になり大宮のペースになります。が、どちらのチームもFWやMFにきっちりおさまるのではなく、中盤での取り合いの様相。DFからの長いボールからFWを狙うシーンが多くなり、ミスが目立つようになってきます。
大分は高松、山崎、梅崎がボールを持つシーンがあまりなくなってきました。

引き分けでもと思っていた終了間際。左サイドの鈴木がキープ。「入れてしまえ」と願ったらそのとおりセンタリング。流れて右からダイレクトで折り返したのは誰だった?前田が蹴りこんで逆転!!
このままタイプアップ。大分勝ち点を35に伸ばす貴重な逆転勝利でした。

シャムスカマジックに頭が下がります。
前田が加入したとき、期待を寄せてはいましたが、運動量とポジショニングが悪いのか徐々に出番が減ってきました。その前田をこの大事な試合で投入したことに正直「なんで?」と思いましたが、見事に今期の初ゴールを、ほんとにこの試合で決めてくれました。おそるべしシャムスカ。

いやもうほんとに。増田さんとかファンボカンとかもTVに写ってた気がします。

次の名古屋戦は、ホベルトが累積で出場停止。西川と梅崎が代表で離脱します。
気が気ではないのです。特にボランチのホベルトの位置はどうでしょう。梅田か藤田になりますかね。

残り3試合です


スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/677-c66d3a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad