フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

UCL インテル-バルサ

中盤でゲームを支配して、「こうやって崩すのよ」というプレーを体現してみせたバルサ。足りなかったのが得点であったのは明白で、結果は残念だが勝ち点1をとってかつ、インテルにその強さを見せ付けたということで意味のある試合だっただろう。
ホームでの試合も同様の展開が期待されるが、このときは得点を取って勝つという結果が求められることであるのは自明。

アンリがサイドでキープしてセンタリングするとメッシは中。
中盤からのロングにはズラタン。
右でメッシが受ければカットインしてシュート、もしくはズラタンをつかった1-2。こぼれたところには、シャビ、トゥーレ。
見てて次なにやってくれるんだろう、という期待が見えるチームですね。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/1324-5dbd5e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad