フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

牙城崩せず バルサ-チェルシー

チェルシーが守りに入って、望みどおりの0-0で1stレグは終了。
チェルシーの最大のチャンスは、前半マルケスのパスをかっさらったドログバが1対1になったシーン。あれを決めていれば試合はまた違った結果になっただろう。
バルサはチェルシーの守りをサイド、中央から崩すもののサイドはチェフの守りと自らのシュートミスもあり、得点できず。圧倒的有利なHomeで痛い引き分け。
ただ、0-0という結果で、次のアウェーでは1-1以上の引き分けでも決勝に進めるため、多少は有利かもしれない。次チェルシーは同じ戦い方をするわけもなく、バルサも得点できる可能性は高くなるだろう。

1-1で決勝はバルサかなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/1223-93b759dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad