フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

カーリングカップファイナル マンU-トッテナム

後半途中から、WiiFitをしながら観戦w
両チームともヘロヘロになってしまうのは見ていて痛々しい
精度は欠くしスピードもなくなる。
最後にはPK戦までもつれ込むのだが、90分での決着がみたいものだ。
マンUは、ルーニーやベルバトフがいないので、テベスがワントップ気味。なかなか収まりませんね。
攻め手がアンデルソンのドリブル突破からだけでは厳しい。
スパーズも同じようなもんで、右のレノンと4番(名前失念)からチャンスメークが見られたが、時間とともにそれもなくなる。
最後に見せ場を作ったのは、マンUのGKでありました。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/1186-32a60a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad