フットボール親馬鹿日記

サッカー、スポーツ全般、子供の成長について気分次第につらつらと書いてみます

クラブW杯 G大阪-マンU

遠藤はわざと低い位置でボールをさばく役だったようで。
ガンバは序盤の攻勢で、点が取れればまた展開がちがっただろう。まあ、1点を山崎が取ったあとの本気度を見た限りでは、もし先制してたとしても逆転されたのは容易に想像できるが。

ルーニーが入って点取られて、「くそったれが」で本気になって3点を立て続けに取ったあたりがホンキなんでしょうね。あれを90分は続かないにしても、点をとると思ったときの爆発力はものすごいものがあります。すげーよなーー。
3点ガンバがとったことは賞賛に値する。すばらしい。

本気で勝って欲しかったが、かなわぬ夢でした。まだまだなぁ。

大分がこの場に立つのをこの目で見ることがあるかのぉ。しみじみ。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxxmtotknrxxx.blog18.fc2.com/tb.php/1139-7d4aaf53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad